新しいがあるくらし

注目のシステム

子供

デマンドコントロールは省エネルギーへの切り札

デマンドコントロールとは省エネルギーのために開発されたエネルジー制御システムのことです。 2011年の大震災とそれにともなって起きた原子力発電事故の影響で日本中の省エネルギーに対する考え方は大きく変わることになりました。 夜間の街灯を落としたり、24時間営業のスーパーやコンビニの営業時間短縮など、エネルギーを節約するためにさまざまなことが実行されました。 そのような省エネルギーへの要望が高まる中で大きな注目を集めているのがデマンドコントロールシステムです。 デマンドコントロールシステムは家庭内などのエネルギー使用量を制御してくれるシステムのことで、エネルギー使用量がある一定以上なったときなどに使用している電気機器を制御してエネルギーの使用量を抑制してくれます。

省エネルギー国家として世界中から注目されている日本

デマンドコントロールシステムには手動制御タイプと自動制御タイプがあります。 手動制御タイプは前もって指定しておいた目標値を上回りそうになった場合、アラームなどで住人に知らせてくれるシステムです。 自動制御タイプは住人が電力の最大使用量を指定しておくシステムで、電力が指定した数値に近づいてきたときには、システムが自動的に使用中の電気機器を制御して指定されている最大使用量内に抑えてくれます。 デマンドコントロールのようなシステムのおかげもあり、日本は世界的に見ても省エネルギー対策が進んだ国で、1970年台に比べても30%ほどの改善が見られます。 このような日本の省エネルギーへの努力は世界からも注目されていて、さらなる省エネルギー国家への発展が望まれています。

Copyright(c) 2015 解体工事や大規模修繕工事で建物改善│新たなカタチの建築物. All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com